投稿

6月, 2024の投稿を表示しています

たんじょう日の思い出、みんなではなそう!(ZOOM)

イメージ
今日はまず、1年のカレンダーをみながら、いろいろおしゃべり。 「6月16日は何の日か知ってる?」「しらなーい。」「だれかのたんじょう日?」 「お父さんの日!」「5月にお母さんの日があったね。」「だれかのたんじょう日もきっと正解!」 それから、みんなのたんじょう日に印をつけていきます。カレンダーはみんなの丸でいっぱいになりました。 「あ、わたしとAさんは日にちがおなじ!」「わたしとBさんはたんじょう日がすごく近い!」 カレンダーを眺めているだけで、話がつきません。 次に、グループに分かれて、たんじょう日の思い出や、自分が生まれたときの話などをいろいろおしゃべりしました。 「去年のたんじょうびは、庭でケーキを食べようとおもったら、犬が集まってきてくれて、すごくうれしかった!」 「ぼくがうまれるとき、体が大きかったから、お母さんはすごくたいへんだったんだって。」 「弟がうまれたときのこと、おぼえてます。もうすぐ生まれるかなーって、たのしみにしていたら、夜に電話があって、生まれたよって。」 「私の国では、たんじょうびの日にみんなにプレゼントをもらうだけじゃなくて、あげるの。」 最後、おしゃべりした内容やたんじょう日についてのクイズを考えて、みんなでクイズ大会! 「このケーキは、私の国ではいくらでしょうか。」 「わたしが今年のたんじょう日に食べた料理、レッチョンは何の肉でしょうか?」 どのクイズもオリジナリティーがあっておもしろい! みんなの観察力や考える力に驚かされっぱなしの活動になりました。そして、すてきな たんじょう日の思い出を教えてくれてありがとう!