投稿

くるくる回る工作(ZOOM)

イメージ
工作がしたい!というリクエストにおこたえして、今日は工作です。 工作と言っても、 「わざわざ材料を買わなくても、みんなの家にありそうなもの」でできる工作。   今日、準備してもらったのは、 A4 の紙、はさみ、色が塗れるカラーペンやクレヨン。 これだけ!   まず最初に、「くるくる回るものと言えば、何を思い浮かべる?」という質問から。 タイヤ!洗濯機!時計の針!扇風機! 身の回りにくるくる回るものって、たくさんありますね。  今日はハンドスピナーみたいな、指にのせてくるくる回して遊ぶものと、 上から落とすとくるくる回りながら落ちる魚を作ります。 これ、紙とはさみだけでできるんです! みんなで一緒に作っていきましょう。 手元のカメラも使いながら、作り方を確認していきます。   紙を半分にします。もう一回、半分にします。もう一回半分にします。 紙を開くと 8 つの部屋ができてるね。これを切っていきます。 そういうと、「 8 分の 1 だ!」という声も。   組み合わせ方は少しだけ複雑だけど、みんなできました。 「3 つの羽の一つ一つにクリップをつけると回りやすい」というと、 実験が始まります。 「クリップ、たくさんつけちゃダメなの?」 「たくさんつけてみて。どうなる?」   指にのせて回すだけじゃなく、上から下に落とすとくるくる回るよというと 「反対の向きで落としたらどうなるの?」 「やってみて」   「こうしたら、くるくる回るけど、こうしたら回らない」 「ひねったら、もっとくるくるするよ」 「ひねるって何?」 「どうなるかな。実験してみよう!」   子どもたちの積極的な参加、発話が聞かれました。 大人だって負けていられません。 どうしたらもっとくるくる回るか、あれやこれや真剣に取り組みます。   その結果、個性的なくるくる回る作品ができました。 魚だけではなく、タコやクジラ、サンマ、桃、エビフライ… いろんな形のくるくる回るおもちゃの完成。 折ったり、切ったり、サイズを変えたり、絵を描いたり 工夫していろいろなものができました。 創意工夫のアイディアも、言いたいことも、あふれていました。 植竹の時間では、ハッピーニュースも聞か

好き?嫌い?どっちが好き?(ZOOM)

イメージ
今日のテーマは「好き・嫌い、どっちが好き?」です。 絵を見ながら「好き?嫌い?」と尋ね、みんなで答えていきます。   チョコレート、好き?嫌い? Youtube 、好き?嫌い? 絵をかくの、好き?嫌い? ジェットコースター、好き?嫌い? 「好き!」「大好き!」「嫌い…」などいろいろな声があがります。   バニラアイスとチョコアイス、どっちが好き? コーンのアイスと、カップのアイス、どっちが好き? アリエル(リトルマーメード)とベル(美女と野獣)、どっちが好き? 伊之助と善逸(鬼滅の刃)、どっちが好き?   などなど、みんなに聞いていくと 自然に、「どっちも好き」「どっちも嫌い」という声も出てきます。   前日が旧正月だったので、 「誕生日とお正月、どっちが好き?」という質問を出して理由を聞いたりもしました。 プレゼントかお年玉か、 ケーキが食べられるかどうか、選ぶにはいろいろな理由があるようです。   旧正月の様子を教えてもらったり 好きなものを持ってきてもらって紹介し合ったりしました。 全体で話した後はグループの時間。 全体の話の続きを話したり、話したい内容を話したり、勉強したいことを勉強したり。   あるグループでは好きなものがいっぱいあるんだけど、 実はよく知らないってことも多かったようで インターネットで調べ学習をして、クイズとして出してくれました。   またあるグループでは今度小学校 1 年生になる S ちゃんに、今 1 年生の T ちゃんが ランドセルや筆箱、給食着・体育着などを見せながら学校の様子を伝えてくれました。 私たちスタッフが教えるだけではなく、 みんなで教え合いっこできるのっていいな~と思いました。 S ちゃんにとって、学校が好きなものの一つになるといいな。

早口言葉とクイズ(ZOOM)

イメージ
午 前中の ZOOM では、早口言葉をテーマに活動を行いました。 まずは日本語での早口言葉を練習して、口を動かします。 そのあとはグループにわかれて、早口言葉をつくったり、 言いにくい早口言葉を探したりして、練習します。   最後に全体に戻ってから、各グループの発表をしました。 赤パジャマ、青パジャマ、黄パジャマ、茶パジャマ、何パジャマ?を ベトナム語に直すとどういう早口言葉になるかを紹介してくれたり、 ベトナム語の有名な早口言葉を教えてもらったり。  (「お昼ご飯にすっぱいザボンを食べた」という意味みたいです) 「早口で」という以前に、 正しくベトナム語で言えなくて、なかなか合格が出ませんでした。難しい~!   日本語でわからないことはまだあるけれど、 私は〇〇語だったらわかること、できることがたくさんある!ってことに 子どもにもママにも伝わるといいな。 午後は「わたしが書いた名前はなんでしょう?」クイズをしました。 最初のお題は「果物」 ホワイトボードに知っている果物の名前をみんなで書き込みます。 出題する人はこの中から、一つの選んで果物の名前を紙に書きます。 他の人たちはどの果物の名前を書いたか、ヒントから答えを書きました。 「その果物は何色ですか?」「赤!」 赤い果物、たくさんあるね〜! クイズが終わったら、グループに分かれて勉強したり、話したり。 それから、グループで何をしたか発表してもらいました。 色のクイズを考えたグループや、お題を変えて同じクイズをしたグループ。      お正月に撮った素敵な写真を見せてくれたグループも! クイズをしたり、お話ししたりと、とても楽しい時間になりました!

みんなで新年会(ZOOM)

イメージ
 明けましておめでとうございます。 今年1回目の地球っ子の活動は、みんなでお菓子や飲み物を楽しみながらおしゃべりする新年会です! 写真を見ながらそれぞれどんな年末年始を過ごしたか話したり、今年の目標などをお話しました。    まず、みんなでお正月の料理、おもちについて話しました。みんなおもち食べた?どんなおもちが好きかな? グループに分かれてお話してから、みんなにどんなことを話したか発表してもらいました。 旅行したり、      手作りを楽しんだり、    美味しいものを食べたり。    今年の目標「吹奏クラブに入って活動をがんばる!」を発表したり、もらった年賀状を見せてくれた子も。 年末年始、みんなが楽しく過ごしている様子が伝わりました。 ZOOMでも対面でも、今年も元気に楽しく活動しましょう! 今年もどうぞよろしお願いします。

おしぼりアート(ZOOM)

イメージ
 今回はみんなでおしぼりアートを楽しみました。 午前の活動では、まずみんなでマジシャン気分!おしぼりタオルを使って、うさぎを作ります。 1枚のタオルからウサギができます。3、2、1! みんなできたなか?? 次はグループに分かれて、それぞれ自由におしぼりアートにチャレンジ! それから成果を発表します。 自分で考えて作ったちょうちょを見せてくれたり、「これ何だ?」クイズがでたり。 タオルではなくて紙で使った作品を見せてくれたグループも。 「なんだろう?」「マスク?」いえいえ、お掃除ロボットです! みんな、おしぼりアートをとても気に入って、作った作品を崩す時は残念そう・・・。 「これ学校に持って行って、友だちに見せる!」と言っていた子どももいました。 おしぼりタオルでいろいろ作れるんだと、発見の時間でした! 午後は、まずみんなで形の言葉を確認して、ペンギンを作りました。 「三角を作って、それから・・・」 みんな、上手に作れたね!! それからグループに分かれておしぼりアートを作ったり、おしゃべりしたり・・・。 Dくんは最初に確認した形に興味を持って、「世界で一番使われている形はなんだろう」と自分で調べたり、形をヒントにした「ぼくの大切にしているものは何でしょう」クイズを作ったり。 その中に、以前みんなで作った人形があって、「今も大切にしてくれてるんだ!」と感動する場面も・・・。 子どもたちの成長やみんなの興味がわかる、楽しい時間になりました。 今年の活動は今日で終わりです。また来年笑顔で集まろうね!

上・下・右・左(ZOOM)

イメージ
今日のテーマは、方向を表すことばです。 オンラインの画面上では、左右の感覚がわかりにくくなってしまうので 手元を映し出すカメラも使ってみました。   まずはストレッチ。 右手をあげて、頭の上に。首を右に曲げます。1,2,3,4,5… 首や腕のストレッチや、目や耳のマッサージをしました。 ストレッチやマッサージで、すっきり!   七里では、「上下右左」を手で表すゲームもしました。 もちろん、日本語だけではなく、ベトナム語、中国語でも! そして今日のメインイベントは、紙 1 枚でできる工作です。 この家は、部屋の右・左・真ん中の部屋が自由自在に変えられるんです。 右の部屋は、犬。左の部屋は、猫。真ん中の部屋はゾウがいます。 この部屋、真ん中の部屋が大人気。 犬も「右の部屋から真ん中の部屋に行きたい!」と言っています。 じゃあ、犬を右から真ん中に変えてあげましょう。 すると、犬が真ん中に!   さすがに子どもたちも、「え?どうして?」とびっくり。 今日は、みんなでこの「ふしぎな部屋」を 一緒に作りましょう! 作る時も、右、左、上、下のことばを意識して作っていきます。 藤田浩子『おはなしおばさんの小道具』の 「ふしぎな部屋」を参考につくりました。   どうやって真ん中の部屋に変えるかは、私がやるのをよく見ていてください! グループにわかれ、どうしたら部屋が変えられるか考えてみてね。 そして自分の作った家に絵をかいて、オリジナルのストーリーを考えてみましょう。 グループにわかれ、どんなお部屋にするか、 どうやって真ん中の部屋に移動させるか、実際に練習しました。 最後の発表の時間には、みんなのいい作品がたくさん。 真ん中の部屋に行くとどうなるのか、というところもきちんと考えられていて まとまったお話になっている人もいました。     それぞれの好きなものや個性が反映されたいい作品、いい物語でした。 「これ、友達にも教えていいの?」とFくん。 気に入った作品ができたようです。