投稿

今年はトラ年!(ZOOM)

イメージ
今年はトラ年ですね。 改めて、みんなは何年? 「あ、同じ!」「何歳違うんだ??」   トラ 年の今年、 トラ イしたいことは何ですか? 最初にみんなに問いかけました。あとで教えてね。   その後グループに分かれて。 大人の日本語、学校の勉強、日本語で楽しむグループに分かれました。 日本語で楽しむグループは、しりとりに挑戦! しりとりといっても、簡単なしりとりではありません。十二支しりとりです!   「ねずみ」からはじまって、「うし」「とら」などを通って、最後「いのしし」まで行き また「ねずみ」まで戻るしりとりです。   幼稚園生から中学生、大人まで一緒にやっていきました。   このしりとりの良さは、それぞれの楽しみ方が選べるところ。 低年齢の子どもは、普通にしりとりとして楽しみ、 高学年の子どもは、ひとつの言葉で次の干支に行けないか頭を使えました。 「ひ」のことばがわからなくても、 みんなからヒントを出してもらって答えることができます。 「夏に咲く、黄色い花は?」ヒントの出し方も上手になります。   最後、「ねずみ」まで行けた達成感! 「僕がなんとかする!!」なんて台詞まで聞け、頼もしかったです。   最後、全体では、トライしたいことを発表してもらいました。 まだ考えていなかった人たちは、一生懸命考えていました。その顔の楽しそうなこと…! 今年、みんながトライしたいこと   ・テストで 100 点をとりたい ・剣道の早素振り連続 200 回 ・成績が 2 倍、あがりますように ・ゲームが上手に。あと絵がうまくなりたい ・ギターが弾けるように ・写真がじょうずにとれるようになりたい。 JLPT で N2 を目指したい ・空中技を頑張る ・なわとび、にほんご、はしることを頑張りたい ・本を読む!新しい食べ物が食べられるように。前回りができるように ・ Tik Tok のフォロワー 100 人越え などなど   いろんなことに トラ イできる トラ 年となりますように!   お正月は 1 月 1 日だけではありません。 中国やベトナムでは 2 月 1 日、インドでは 4 月 2 日がお正月だそうです。 きっとお

新年会〜みんなの特技を教えてね〜(ZOOM)

イメージ
 2022年1回目の活動は、みんなでお菓子を持ち寄って新年会をしました。 「明けましておめでとうございます」みんなの笑顔が並びます。 最初は干支のお話から。 「十二支って知ってる?」「今年の干支は何だろう?」「とら!」 「ぼくは卯年生まれだよ。」「わたしの生まれた年は何年?」 新年会ではみんなの特技を披露してもらいます。 「早口言葉、歌、クイズとか、なんでもいいよ」と声をかけ、 まずそれぞれグループで何をするか相談してもらいました。 準備ができたら、さぁ、新年会の始まりです。 みんなのお菓子もおいしいそう!「Aさんのお菓子、色がきれいだね。どんなお菓子だろう。 かたい?やわらかい?」「やわらかいよ」 「Cさんのお菓子はどこで買ったの?」「北海道の友達にもらったよ」 「あ、Dくんのお菓子、おいしそう!何個入ってるの?」「3かける4だから12こ!」 「家族3人でいつも食べるから、一人4こずつなんだ。」 「ZOOMじゃなくて、会えてたら、一人いっこずつもらえたのにねー」 楽しそうな声が飛び交います。 それじゃ、そろそろ発表はじまるよ。 手品を見せたり、 その場で似顔絵を描いてくれたり(似てる!) タブレットのピアノ演奏に、歌とダンスをあわせたグループも! いろんな特技を披露してくれました。 そのほか、教科書の物語を気持ちを込めて読んでくれたグループや、早口言葉を披露してくれたグループもありました。 上の写真のグループは今年の抱負、「ギターが上手になりたい」を教えてくれました。 みんなで集まっていろんな楽器で曲を演奏したいね、なんて話も。 今年もみんなといろいろな活動ができるのが楽しみです。 今年もどうぞよろしくお願いします。

折り紙リースを作りながら(ZOOM)

イメージ
前回のツル取りボランティアに参加できなかった人もいるので、 今日は折り紙でリースを作っていきます。 用意するものは、折り紙 8 枚と、のり。   好きな折り紙を 8 枚選んでください。 全部同じ色でもいいし、 2 色にしてもいいし、全部違う色にしてもいいよ。 折り紙、何色を選んだかな? それでは、早速、折っていきましょう! 「四角に半分にします」 「左の下を上に合わせて、三角にします」 参加している子どもたちの年齢に合わせて、言葉がけも変えていきます。 「 長方形 になるように、半分にします」 「左の縦の 辺 を、横の辺に合わせるように三角に折ります」   「 平行四辺形 」という言葉も出てきました。 平行四辺形って何だっけ? 自分の手元にある平行四辺形を手に取りながら形の特徴を考えます。 一回でこれ!という答えはでないので、みんなで検討。 「向かい合う辺が平行」それじゃ長方形も同じだよ。 「辺だけじゃなく、角度について言うことも必要じゃない?」 「向かい合う2組の」も!   手元カメラも使って作り方を説明しましたが、 よーく見て聞かないと、 組み合わせていくのが 難しいのです。   「全然できない。ママも全然できてない!(泣)」というSちゃん。 大丈夫、ママはできるからちょっと待ってて。 「ママはリースを作る人。Sちゃんは飾りつけをする人。 だからママを応援してね。」 と声掛け。   SちゃんとママのMさんとゆっくり作っていくと、さすがママ!できました。 そのあと、たのしく飾りつけ。 「ママがいなかったら、全然できない。ありがとうママ」 「Mさんが作ってくれてよかったね。ママすごいね」   日本語はあっという間に子どもは上手になっていきますが、 些細なことでママはすごいよ、素敵だよという声掛けが必要な場合も出てきます。   この日は里帰り出産で久しぶりに ZOOM に参加してくれる親子もいて 今年最後の ZOOM は、時の流れを実感したにぎやかな会になりました。 リースを作りながら、たくさんのやり取りができました。  リースにスパンコールや折り紙で作った手裏剣やリボン、鍵などそれぞれ飾りをつけ 個性あふれるリースができました。

ツル取りボランティア

イメージ
この日はNPO法人エコ.エコのみなさんと、地球っ子グループのみんなで 見沼田んぼの保全事業として、ツル取りのボランティアをしてきました! 久しぶりの対面です。 桜の木に絡まった葛のツルを取り除き、桜の木が光合成できるようにします。 光合成ができないと木が枯れてしまうそうです。 「あんな上の方までツルが絡まっているよ」 みんなで力を合わせて、葛のツルを引っ張っていきます。 ツルをとった後は、自分の好きなサイズのリースづくり。   ずっとZOOMの画面越しだったので 久しぶりに会った子ども達は背も伸びていてびっくり。 はじめて対面で会う子や、久しぶりに会う子もいて、とっても楽しい時間でした。 風が冷たかったけど、お天気にも恵まれ、みんなでわいわい ボランティアしながらリースづくりも楽しめ、心があたたまりました。 こんなにたくさんの、カラフルなメンバー。 このメンバーなら何でもできそう!って思うほど、パワフルでした。 また対面で集まれる日が楽しみです。

ツル取りボランティアの準備~くずってどんな植物?~(ZOOM)

イメージ
恒例行事の「ツル取りボランティア」。 さいたま市にある見沼田んぼの保全事業として 桜の木に巻き付いた葛のツルを取るボランティアですが、今年は実施できそう!   ツル取りボランティアには、いろんな目的が含まれている楽しい行事です。 ★実際に公共交通機関を利用し、教室から飛び出し、みんなでお出かけをする。 ★自然に触れ、いろいろなものを五感で感じ、体験を増やす。 ★自分たちが力を出すことで、「ありがとう」って言われる場をつくる。   次回の 11 月 27 日はお天気が良ければ、そのツル取りボランティアに出かけようと企画中。 今日はその準備段階として、葛(くず)ってどんな植物なのか、 なぜその葛を取りに行くのか、取ってどうするか、など、次回の準備のための活動です。   葛に覆われた森や建物、木の写真を見てもらいながらおしゃべり。 「森みたいだけど、森じゃない」 「プリンセスがこの中で眠って、王子様をまっているのかな」 「ここに怖い生き物が暮らしている」 「あれ、これ、朝顔みたい。」「ツルがのびてる」などなど   葛という植物がどのぐらいの速さで成長し、どんな植物なのかみんなで確認します。 葛には太い根があって、その根を粉にしたらお菓子の原料にもなるんだって。   そんな話をしながら、次の活動で私たちがやることについて説明しました。 桜の木に葛のツルが巻き付いてしまったことで、桜の木が枯れてしまうそう。 なんとか私たちの力で桜の木を救いに行こう! とったツルで、リースも作る予定です。   バスに乗ることがとっても楽しみな子ども達! そして「うんとこしょ、どっこいしょ」って みんなで力を合わせ ツル取りするのを楽しみにしている様子。   コロナ禍で、ずっと ZOOM での活動だったので 対面で会えるのが何よりの楽しみです。   グループに分かれてからは、ツル取りボランティアの内容について確認したり 葛について調べたり、必要な勉強をしたり。   ブレイクアウトから帰ってきた D 君が、葛をつかったスイーツを紹介してくれました。 みんなツルより、根を取りたくなってきちゃったみたい。 葛が一週間でとても成長するという話が印象的

おなじ?ちがう?(ZOOM)

イメージ
午前のクラス、今回もまずは勉強の時間からスタート! 宿題をしたり、算数のわからなかったことを聞いたり。 言葉の意味を調べたり、絵しりとりをしたグループも。 みんなじっくり取り組んでいました。 それから、グループに分かれて間違い探しスタート! 「おなじ? ちがう?」「ちがう!」 「じゃ、何が違うかな?」説明するって、難しい! でも、みんながんばって取り組んで いましたよ。 最後に手品を披露してくれたDくん。たねのわからない手品に、みんなから「すごーい!」 の声があがりました。 午後のクラスは、まずはお題を出して、その答えをそれぞれ紙に書い見せ合います。 誕生月は?あれ、意外と同じの人がいない。違うね。 それじゃ、小学校1年生の時、何組だった?書いて見せてね。せーの! 「2組!」「わたしも2組!」「同じだね。」 「いろはのは組」「わたしは17組!」「えーーー!」 6年生から通しで組名を決めていくシステムだったそうです。「初めて聞いたーー!」 それから、それぞれグループに別れて、勉強の時間。 家にあるもので、お互いに同じものを探したグループや、好きなもので同じものを 考えたグループなどありました。 女子3人のグループは、「同じ色の服があるかな?」と考えて、黒で揃えてくれました。 そして、最後はみんなで間違い探しです。 ちょっと難しかったけど、まちがいを全部見つけられました。   同じことを見つけるとうれしいし、違いを見つけると「なんで?」ってもっと聞きたくなる! みんなで楽しい時間を過ごすことができました。

私の好きなこと・できること(ZOOM)

イメージ
今日はまず、勉強の時間からスタート。 グループに分かれ、それぞれの時間を過ごします。 ●日本語の会話をするグループや、 ●宿題・学校の勉強でちょっと難しかったところを勉強するグループ、 ●今日の活動で使う「好き・好きじゃない」「できる・できない」を一緒に学び  使っていくグループ   それが終わったあと、みんなで一緒に活動の時間です。 紙の真ん中に自分の絵を描いてください。 空いているスペースに、自分の好きなこと、できることを書いていきます。 文字で書けない子は、絵で描いても OK です。   すぐに思いつかなかったら、自分の絵を参考に 目で見るのはどんなものが好きかな? 自分の手でできること、すきなことは何かな? ベンガル語が聞けて話せるなら、耳・口の近くに「ベンガル語が話せる、聞ける」と書いてもいいよ。   あれも好き、これも好き! あれもできる、これもできる!!   おしゃべりが上手になってきた保育園児の T ちゃん「好きなもの、うまい棒」 これにはみんな、「え?うまい棒って言ってる??」と大爆笑。   そのほか、なかなか普段の会話からは聞かれない 好きなこと・できること、考えていることをたくさん 聞くことができました。 ★運動会で活躍した A ちゃん「走るのがはやい。 1 位になったよ」 ★虫好きのA君「虫を捕まえることができる」「虫の鳴き声を聞くのが好き」 ★F君の考えていること 「ベトナムのおばあちゃんちで鳥をかっているけど、それをさばいて食べる。さばくときは羽を取るのが大変。でもぼくはさばけない。でも、のこしたら命のむだになってしまうから、ちゃんと食べる」 ★Tちゃん「友達と会うのが好き」   それぞれの発表の後には互いに質問しあい、みんなのことをより深く知ることができました。 自分の好きなこと・できることが、もっともっと増えていくといいね。