投稿

何が同じで、何が違う?(ZOOM)

イメージ
似ているようで違うふたつのものを比較して、何が同じで、何が違うかをテーマに 今日は活動をしていきます。   最初は絵を見ながら、何が違う?どこが違う?を話しました。 そして「鉛筆」と「シャープペンシル」、「りんご」と「みかん」 何が同じで、何が違う?を全体で考えます。   鉛筆とシャープペンシルでは   りんごとみかんでは   みんなから、たくさんの視点からの「同じ」と「違う」を出してもらいました。 全体で考える練習をしてから、グループに分かれ、与えられた二つのものについて 「同じ」と「違う」を考えていきます。 最後に全体で発表し、何と何ついて言っているか、クイズにするよ~。   それぞれのグループが、上手に問題を出してくれました。 「同じところは、・・・・」 「 A は・・・で、 B は・・・です。」     「たこといか」「おたまじゃくしとめだか」「さぼてんと栗」「りんごとトマト」 さぼてんと栗は難しかった~!  これはりんごとトマトのメモ インドのカレーには、トマトは絶対に入れるけど、 りんごはいれないそうです。 日本ではりんごをカレーに入れる人がいて、いろいろな楽しい違いが発見できました。 今日は T さんが、偶然にも同じようなテーマで、 子どもたちへ質問を考えてきてくれました。 「ひとつ、違う種類のものを選んでください」という質問。 「魚か鳥か」「泳げる、泳げない」「食べられるか食べられないか」 答えが一つではなく、盛り上がりました。 T さん、ありがとうございました!

なかゆび何本分?(ZOOM)

イメージ
今日はまず、ゴリラの実物大の手の大きさと人間の手の大きさを比べました。 「動物園で見たことある〜」 「理科の授業で見たよー!」 「おー、足大きい!」   先々週のお出かけで大宮公園小動物園に行ったね。どんな動物がいたかな? 今までどんな動物を見たことがあるかな? ダチョウ、ハイエナ、ホワイトタイガーなどなど、いっぱい名前があがりました。 小さい動物は?という質問に真っ先に出た答えは、「フクロウ!」 フクロウもダチョウと比べたら小さいね。 フクロウより小さい動物は? 「ノミ!」「ネズミ!」 小さい動物、たくさんいるね。どのくらいの大きさだろう? 中指を使って測ったら、 中指何本分かな? まず中指を測ってみよう! そこから、自分の中指と同じ長さのものを家の中から探して持ってこよう!という話に。 スマホの横、ポケットティッシュ、シャー芯のケースなどなど、 みんないろんなものを持ってきました。   その後、グループに分かれてそれぞれ活動してから、全体で発表しました。 ・中指の長さの 2 倍、 3 倍、 2 分の 1 のものを見つけたグループ ・ 5 倍のものを見つけたグループ ・机の縦、横、高さを測ったグループ ・グループ全員の中指の長さの平均を出したグループ 各グループでいろいろな活動をしました。 平均の長さを計算中   途中で、 F くんから 「反則かもしれないけど、左の中指と同じ長さの物、もう見つけちゃったよ」と発言が。 「右の中指!!」というので、早速みんなで比べてみると、 「え、右と左の指の長さ、同じじゃないよ」 「左の方が長い!」「え、僕は右の方が長い」「おなじだよ!」 確かめてみると、みんないろいろでした。 「じゃ、長いほうが利き手なんじゃない?」と新たな説をF君は出してくれましたが 一概にそうとも言えない。 でも、長さからいろいろなことに仮説を立てて、実際に測ってみる。 子どもの頭が活発に動いている証拠ですね。 興味を持っていろいろなものの長さを自主的に測る、 cmとmmとmの違いを体感をもって実感する、 2倍、3倍、2分の1がどれぐらいになるか計算する、 長さのあたりをつける、 平均を出す、 など算数につながる内容を楽しく学べた活動でした。

みんなでお出かけ!

イメージ
梅雨入り前にみんなでお出かけすることにしました。 部活や運動会などがあって参加できない人たちもいましたが、 20 人以上が集合し、 5 月のいいお天気の中、みんなで会う時間を堪能することができました。   9 : 00 に大宮駅集合。 飲食街を通り抜け、大宮公園を目指します。 途中、休憩をいれ、自己紹介を。 名前を聞いて、誕生日も聞いてください。この小さいノートに書き込んでね。 誕生日を聞くのは話をするためのきっかけだけど、 そこからいろいろな話題に広がっていました。 「あー私のおばあちゃんと同じ誕生日だ」 「この誕生日だと、何座?」「何座って何?」   私はこんなにいろんな人に聞いたよ! 円になって順番に自己紹介するより、 一人ひとりと向き合って自己紹介ができたようです。   さぁ、それではもう少し歩くよ~。 参道を通っていきます。 鳥居のところにあった狛犬を前に、みんなに質問。 「間違い探し!右と左、何が違う?」 「あ、口が違う!」「眉毛が違う!」出るわ出るわ。みんなよく見ているね~   こんなことをしながら歩いていくので、なかなか進みませんが 今日はゆっくりしゃべり交流しながら歩くことが目的。 もうすぐ神社。 いろいろな宗教の人がいるので、神社そのものの中に入ってお参りすることはしませんが お願するなら何をお願いする?と聞いたら、 2 年生のYちゃんは笑いながら 「ママに怒られませんように」だって。   池の近くに行ったら、鯉がたくさん寄ってきて驚きの光景が。 私たちの足音に気が付いて、近寄ってきたみたい。 さっき買ったパンをあげよう! ダメダメ、見て、「エサをあげないでください」って書いてあるよ。   最終目的地の公園につきました。 まずは 30 分自由に遊ぶ時間にしました。 増やしオニをするグループや、 ベトナムや中国で遊ばれている羽が付いたおもちゃで蹴鞠のように遊ぶグループ。   十分遊んだら、大宮公園小動物園に。 中にはいろいろな動物がいて、ハイエナやツキノワグマまで。 「ここ全然、小動物園じゃないよ!」とF君。 「小動物・園」なのか、「小・動物園」なのか、どっちかね~なんて話をしました。   みん

あいうえお作文で自己紹介(ZOOM)

イメージ
今日はまず、みんなで「しりとり」から。 でも、ただのしりとりではありません。食べ物の名前のしりとりです。   『しりとりのだいすきなおうさま』では、 しりとりでお料理を出さないといけないとのこと。 「サンドイッチ」から最後の「プリン」まで 絵本では成功していなかったので みんなで「サンドイッチ」から「プリン」までたどり着けるか考えてみました。   なかなか難しかったけれど、 みんなで力を合わせて、なんとか「プリン」まで到達しました。 みんな、「あ」から始まる言葉は何かな?など、しりとりがスムーズにできるぐらい 言葉の数が増えてきました。   今日はそこから少し難しくして、自分の名前を使って自己紹介文を考えます。 例えば、 のように、好きなものを挙げる自己紹介でもいいし な わとびがとくいです。  な っとうがすきです。 エ ジプトにいってみたいです。 のように自分のことを文章にして書いていってもいいです。   それぞれ、どんな自己紹介になるかな? 好きなもの、得意なこと、できること、やってみたいこと、苦手なことなど教えてね。   グループに分かれ考えてから、全体で発表です。 おもしろい自己紹介がいっぱいあって、みんなで感心したり、笑ったり。 中にはラップのような自己紹介もあり、みんな上手に自分のことが表現できていました。 自分の自己紹介の中では、一つのまとまった文章になっていましたが、 それぞれの考えた文を一文ずつご紹介。     「あ」め、きらい。 「よ」る、 12 時ごろねます。 「い」つも、いえにいる。 「ば」あちゃんの家に泊まりたい 「や」わらかいくまちゃんのおにんぎょうをもっています。 「う」ちに、遊びに来てね 「く」まより、よわいです 「う」まにのってみたい などなど、いろんな文章が出てきました。 グループの中でたくさん話をしたから 自分の名前のあいうえお作文に上手に反映できたんだね。   自分の名前のあいうえお作文だけではなく、 ともだちの名前であいうえお作文を作ると 照れがなく、 その人のいいところを紹介する文章になるようです。 いつもの自己紹介とは一味違った、楽しい自己紹介になりました!

重心を探して工作しよう!(ZOOM)

イメージ
暖かくなってきて、窓をあけ風を通すことが多くなってきました。 今日は、風にゆらゆら揺れる工作です。   まず 2 本の鉛筆を用意しました。 長さの真ん中に印をつけました。 赤鉛筆は、まだ削っていないので、長さの真ん中を指で支えるとバランスが取れます。 でもピンクの鉛筆は削ってあり、消しゴムが付いています。 長さの真ん中を指で支えたら、バランスが取れるかな?   削ってあるし、消しゴムが付いているから左右の重さが違い、 真ん中ではバランスがとれません。 でも、鉛筆を左右の人差し指に乗せ、ゆっくりゆっくり人差し指同士を近づけていくと 指がくっつく点があります。 くっついた点がバランスが取れる点なんです。   こうやってゆっくり指を動かし、重心を探していけば どんなものでも指一本で物が支えられるよ。   みんな家の中から長いものを持ってきて指一本で支えられるか、やってみよう! 「重心、見つけられた!」 みんなだんだん早く重心が見つけられるようになって、 指一本で支えながら上下させたり、「左手でもできるよ!」「小指でもできる!」など 重心見つけ名人に(笑)。 重心が見つけられるようになったら、工作です。 まず折り紙で魚を作ります。   割りばしに糸を結び付け、作った魚をテープで貼ります。 重心を探して、つるすための糸を上に付けよう。   ここまでできたら基本は完成。 ここからどんな風に作っていこうか?   「折り紙の作品は、立体でもいいのかな?」 「糸を長くしたらどうなるかな?」 「割りばしを交差させたらどうなるかな?」   それぞれの工夫あふれる作品の完成! 風に揺れる姿を楽しんでね。 教科書で出てくるような「重心」や「立体」なども こういった活動を通し繰り返し口にすることによって、概念を理解し、習得していきます。 本当は難しい内容なのでしょうが、 学校で勉強するときに 「あぁ、あの時のあれが重心か!!」と 腑に落ちるような楽しい体験を、今はたくさん増やしていきたいです。 この活動はこちらを参考にさせていただきました。 山梨県立科学館 https://www.youtube.com/watch?v=ntYjiJm1a68

成長の記録(ZOOM)

イメージ
今年度、初めての活動です。 幼稚園生が小学生になったり、小学生だった子が中学生になったり、 みんな学年が一つ上がりました。   今日は、毎年恒例の「今の自分」を書き残し、去年の自分と比べ、成長を感じる日。 用意してもらった紙に、①から④までの質問を書いてもらい、 「今の自分」の答えを記入してもらいます。   ①     大きくなるってどういうこと? ②     最近できるようになったことは? ③     今、好きなこと、好きなものは? ④     今はまだできないけど、できるようになりたいことは?   ①     の大きくなってどういうこと?という質問は難しい。 大人の方が、「うーん」と考え込んでしまいます。 2 年生になったYちゃんも、「①ばん、難しくない?」と発言。 そうなの、難しいの!! でも、「今の自分」が考える「大きくなる」っていうことを書いてくれればいいよ。 Yちゃんは「 12 さいとかになること」と書いていました。 そうかと思えば、中学生になったDくんは 「日本を支えるために働く」と答えていました。     この日はいつもより子どもたちとじっくり話す機会になりました。 話をすると、みんながしっかり考えられていることがわかります。 子どもたちが考えていることを話せる時間はとっても大事。   新しいクラスで友達を作るのも難しいという話になると、 「しゃべったら、友達になるよ」 「まず自分の好きなものを言って、相手の好きなものを聞いて、あ、俺も!って言えばいい。」とか、 「その時には、今マスクだから、目をにっこりさせる」とか、 子どもたちにコミュニケーションの極意を教えてもらいました。 「あぁ、大きくなったなぁ」と感じます。   「しゃべったら友達になる」というのは、 「しゃべったら友達になった」という経験をしなくては出てこない発言。 きっと、学校だけでなく、地球っ子の中でそういう体験をしているから、 自信をもって言えるのかなと感じます。   その都度の活動で子どもたちの成長は感じるけれど 1 年前のみんなと比べることで、 できるようになったことが確実に増えていて、 漢字を多く使ったり、字がし

テッシュペーパーで、パラシュート作り(ZOOM)

イメージ
春休みに入って最初の活動です。みんな1年がんばったね。 「成績表、理科が一番よかったよ」「ここができるようになったって。」 みんなの成長が感じられます。 今日はテッシュペーパーを使った工作を行いました。 (活動内容は こちら を参考にさせていただきました。) みんなでパラシュート作りに挑戦です! やぶれやすいテッシュペーパーをそーっと2枚にはがしたり、手で切ったり。 「うすい!」「やぶれそうー」 細長く切ったテッシュを丸めて“こより”づくりも。 「まっすぐ切れない」「薄いから難しいなーーー!」「やった、できた!」 みんなでゆっくり取り組みました。 テッシュにきれいな絵を描いたり、重りの種類を工夫したり。 「もっと厚い紙を使ったらどうなるかな」と、テッシュから折り紙やビニールに代えて作る子どもも。 なかなか落ちない方法を考えてくれた子もいましたよ。 ゆらゆらと落ちるテッシュのパラシュートをみんなで楽しみました!