投稿

たんじょう日の思い出、みんなではなそう!(ZOOM)

イメージ
今日はまず、1年のカレンダーをみながら、いろいろおしゃべり。 「6月16日は何の日か知ってる?」「しらなーい。」「だれかのたんじょう日?」 「お父さんの日!」「5月にお母さんの日があったね。」「だれかのたんじょう日もきっと正解!」 それから、みんなのたんじょう日に印をつけていきます。カレンダーはみんなの丸でいっぱいになりました。 「あ、わたしとAさんは日にちがおなじ!」「わたしとBさんはたんじょう日がすごく近い!」 カレンダーを眺めているだけで、話がつきません。 次に、グループに分かれて、たんじょう日の思い出や、自分が生まれたときの話などをいろいろおしゃべりしました。 「去年のたんじょうびは、庭でケーキを食べようとおもったら、犬が集まってきてくれて、すごくうれしかった!」 「ぼくがうまれるとき、体が大きかったから、お母さんはすごくたいへんだったんだって。」 「弟がうまれたときのこと、おぼえてます。もうすぐ生まれるかなーって、たのしみにしていたら、夜に電話があって、生まれたよって。」 「私の国では、たんじょうびの日にみんなにプレゼントをもらうだけじゃなくて、あげるの。」 最後、おしゃべりした内容やたんじょう日についてのクイズを考えて、みんなでクイズ大会! 「このケーキは、私の国ではいくらでしょうか。」 「わたしが今年のたんじょう日に食べた料理、レッチョンは何の肉でしょうか?」 どのクイズもオリジナリティーがあっておもしろい! みんなの観察力や考える力に驚かされっぱなしの活動になりました。そして、すてきな たんじょう日の思い出を教えてくれてありがとう!

手紙を書こう!

イメージ
七里では、「たけのこにょっきっき」ゲームから。 しゃがんだところから、自分の好きなタイミングで 「 1 ニョッキ!」「 2 ニョッキ!」と順番に立ち上がります。 その時に、ほかの人とかぶってはいけなくて、かぶってしまったら脱落というゲーム。 シンプルでおもしろい。 そのゲームの説明も 1 年生の T ちゃんが、前に教えてくれたよりも 上手にポイントを押さえて教えてくれました。   日本語で終わったら、ベンガル語や中国語の数字の言い方を教えてもらって ベンガル語・中国語のたけのこにょっきっき。 ママや子どもたちが教えてくれましたが、なかなかすべて覚えられず 覚えやすい数字に殺到して、かぶってしまう人続出😂 植竹では、初めて対面で会う家族の参加がありました。 双子ちゃんの登場で、みんな笑顔に。 4 歳の Aくん は、いままで一番小さい参加者だったけど「お兄さん」に! 双子ちゃんに対して、お兄さんらしさを発揮していました。 いろいろな参加者がいて、お姉さんお兄さんができたり、弟や妹ができたり 流動的でいい関係です。   今日のメインの活動は、 少しの間、活動に参加できなくなったメンバーに手紙を書こう!というもの。 相手のことを思い、「書く」必然性のある活動です。 最近、楽しかったことやうれしかったこと、今度こんなことしようね!という 読むと幸せな気持ちになれるお手紙。 みんなの気持ちが伝わる、すてきなお手紙の完成です。   新たな誕生をみんなで祝い、 子どもの教育や健康や仕事のことを相談し合うメンバーの姿に 支え合っているな、大きな家族みたいだな、としみじみ。 日本人も外国人も関係なく、もちろん日本語が上手い下手もなく、 一人の人間同士の関わりが実感できました。

日本から世界へ、世界から日本へ(ZOOM)

イメージ
この日の七里の時間は、 MUSUBI のメンバーとの交流。 MUSUBI は海外で暮らしながら日本や日本のことばを家庭外で学びたい(継承日本語) 児童生徒のための オンライン活動グループです。 https://sites.google.com/view/musubi-iowa/home   地球っ子クラブ 2000 の子どもたちと状況は違えど、 日本語で交流できたらいいね!ということで一緒に活動を行うことにしました。   「どこから日本に来たの?どこにルーツがあるの?」 「今、どこにいるの?日本のどこから行ったの?」 Google earth を使い地図を見ながらみんなでおしゃべり。 その後はブレイクアウトにわかれ、 最近はやっているもの、好きなもの、みんなに紹介したいものを考えました。   全体の共有の場では、 「石が好き!」「鬼滅の刃が好き!」「ぬいぐるみが好き!」「ゲームが好き」など 好きなものを見せ合ったり 今、日本ではやっている音楽を流して好きなぬいぐるみを躍らせたりしました。 初めて会ったのに、いろいろ話せておもしろかった!という感想が聞かれました。 継承語として、また第二言語として日本語を学ぶ子どもたちが 日本語で交流できる場で、 まさに“おなじって嬉しい、ちがうって楽しい”が体感できました。 MUSUBI のみなさん、ありがとうございました!   午後の植竹の時間も、新たな参加者をむかえ みんながどこからさいたま市に来たのか地図を使いながら自己紹介。 その後はブレイクアウトにわかれ、連休中に何をしたか話しました。 全体共有するときにみんなに出すクイズやヒントもそれぞれ考えてくれましたよ。   Aさんの兄弟は何人いるでしょう? Nくんはママがつくった大好きな料理を何個食べたでしょう?などなど みんなのことがわかるクイズ、とってもおもしろいものでした。 今日は世界に思いをはせ、世界の広さ、世界の身近さを体感できた貴重な時間でした。 世界はカラフルです。

大きくなった私

イメージ
入学、進級した子どもたち。 まずは絵本『おおきくなるっていうことは』を読んでもらいました。 「大きくなる」、「大人になる」ってどういうことだろうね。 それぞれが思う「大きくなるってどういうこと?」について書いてもらったり、 今の自分が好きなこと、最近できるようになったこと、 これからできるように頑張りたいことについて シートに記入していきました。   それぞれの年齢に応じた内容が記入されていて、とても興味深いものでした。 実はこのシート、毎年みんなに書いてもらっているもので 書いた内容や字をみて、自分の成長が感じられるものになっています。   ひらがなしか書かれていなかったのが、漢字交じりになったり 字も上手になってきたり、書く内容がしっかりしてきたり。みんなの成長が感じられます。 最後にはみんなでゲーム。 七里では「たけのこにょっき」「ジェンガ」、植竹では「ババ抜き」をしました。 地球っ子クラブ2000に参加した当初は緊張していた人たちも この場に慣れてきて、元気いっぱいに楽しくみんなで過ごせるようになってきました。 いろいろなところから集まって、このひとつの場に集えたことがうれしく感じます。

教えて!みんなの春(ZOOM)

イメージ
新年度がはじまりました。 小学校に入学したり、中学校に入学したり、進級したり。 桜の開花とともに、それぞれの新しい生活のスタートです。   最初は、「みんなお花見した?」「どこで?」などおしゃべり。   午前中には、部活の話から卓球の中国語表記を教えてもらい、 バドミントンを中国語(漢字)で書いたらどう書くと思うか想像したりしました。 午後には、暑いぐらいの陽気だったので、「かき氷が食べたいね」という T さんの一言から みんなのかき氷についての話で大盛り上がり。   みんなでひとしきり話した後は、ブレイクアウトに分かれて、 ・自分の国の 4 月はこんなことをするよという紹介 ・新しい学校、生活のこと ・最近のニュース などについて話しました。   最後に全体に戻って、どんな話が出たか共有。 インドでは、4月にお正月を迎えるそうです。 「あけましておめでとう」ってどうやっていうか、ママが教えてくれています。 フランスでは、4月1日に「4月の魚」というのがあって うそを言ったり、いたずらをしたりしても怒られないそうです。 家族や友達の背中に魚の絵をこっそり貼るそうです。 そのほかにも、日本と母国の中学校の校則の違いがあったり、 何部に入ろうか迷っていたり。 知らないことをたくさん教えてもらえました。 新しいクラス、新しい学校、新しい環境はドキドキすることも多いけど みんなでたくさん話せていい時間でした!

笑顔が満開

イメージ
お花見の予定でしたが、雨が降ったりやんだり、寒い一日。 公園で遊ぶのは取りやめて、いつもの公民館で活動することにしました。   七里では、みんなで神経衰弱。 子どもと大人で、コミュニケーションとりながら小さい順に並んでいき グループを作っていきました。 「待って!相談して~!」 「やったー!同じ」などにぎやかに進み、最後には輪が小さくなってみんな真剣! 植竹では、色のフルーツバスケットをして楽しみました。 最初は、「赤・青・黄色」を日本語でやりましたが、 中国語、ベトナム語、タミル語、カンナダ語、タガログ語、 みんなのことばで「赤・青・黄色」をやっていきました。頭が混乱~        桜はまだ咲いていませんでしたが、 みんなの笑顔は満開。 おやつを食べながら、おしゃべりもはずみ、楽しい時間が過ごせました。

カードゲームであそぼう(ZOOM)

イメージ
  今日はオンラインでの活動日。         まず話題は昨日の朝つもった雪の話。「朝起きてびっくりしたー」「お父さんの車がうごかなくて大変だった」「こっちは雪ないよ」 そうは言っても、みんななんだか楽しそう。今年最後の雪になるかな。 今日はオンラインでカードゲーム神経衰弱を楽しみました。 まずは「好きなもの」でチーム分け。好きな果物は、いちごチームが最多!         好きなスポーツは、サッカーチーム、体力チーム、空手チームなどいろいろなチームができました。         今回は国旗カードで神経衰弱。各チーム、並んだカードの中から二枚ずつ指定して、同じカードを探します。 それじゃ、ゲームスタート!「どのカードをめくるか、私に言ってね」 「えーっと、一番右!」「左から二番目の一番下!」カードをめくると・・「あ、これ私の国の国旗」「これはどこの国かな。あ、Mさんのだ!」「この旗と同じやつ、前見たー!」「はい、はい!わたし、知ってる」みんなゲームに夢中です。 1回目が終わったら、次は新しく地球っ子カードを作りました。一枚はさっきの国旗カード、もう一枚はその国のあいさつ。みんなに、自分の国の言葉を書いて、教えてもらいました。          素敵なカードができました。今度はこれで遊ぼうね!