投稿

教えて、教えて!(ZOOM)

イメージ
前回の活動、「わたし、すごいでしょ」では、 みんなの得意なこと・できることを紹介してもらいました。 今回の活動では、実際に、子どもたちにいろいろ教えてもらうことにしました。   まずグループに分かれ、 10 ~ 15 分で紹介できることを考えてもらいました。 難しいことじゃなくても大丈夫。 最近、学校で勉強している内容を教えてくれてもいいし、 楽しかったこと、楽しみなことをお話してくれもいいですよ。   相談した後、ブレイクアウトの機能を使って、「〇〇ちゃんの部屋」と設定し、 子どもたちは 発表したり、友達の発表を聞きに行ったりしました。       最近描いた絵の紹介や、旅行に行ったときのお話、「私の宝物、紹介します」の部屋、 コンパスで絵を描こう!の部屋、 友達にあげると喜ばれるびっくりアイスクリームカードの作り方、 所属している金管バンドの話など、いろんなことを教えてもらいました。 恥ずかしがって何も言わないかな?と心配もしましたが、 みんな教えてあげたいことをた~くさん持っていました。   それぞれが紹介したいもの、教えたいものを見せながらとても上手に発表できました。 「〇〇さんはどうですか?」「質問ありますか?」など、 スタッフが介入しなくても 子どもが自ら、他の参加者に問いかける等、頼もしい限りでした。   相手を認識し、呼びかけ、質問したり、答えたり。 横のつながりで、しっかり対話できていました。   この日は「先生」ということで、いつもは「やだー」と言う子も、 「じゃ、最初は、〇〇します」「ちがいます。こうしてください」と、 丁寧な表現で、立派な先生のよう(笑)。   こういう立場の逆転をあえて作らないとなかなか気が付けないこともあります。 子どもやママたちにたくさん教えてもらう機会を作ること、大切ですね。   次回の活動は、ママたちに活躍してもらいます。 みなさまもご都合よければ、遊びに来てください。 https://chikyukko.github.io/news/2022-11-01/

わたし、すごいでしょ(ZOOM)

イメージ
まずはパワーポイントを見ながら みんなに「できる? できない?」を 聞いていきました。 来日間もない、初参加の S さんも「できる!」「できない!」と元気よく答えてくれました。 子どもたちはできること、いっぱい。   今日は、自分や家族が「できること」「上手なこと」をたくさん教えてください!   「できること」と言っても、小さなことで大丈夫。 元気よくあいさつできる!でも OK だし、 「おやすみ」と言ってからすぐに寝ることができる!でも OK.   せっかく書くから、小さい本を作って書いてもらいましょう。 A4 の紙から、小さい本をつくって、それぞれできることを書いていきます。   「できることなんてない…」と言っていた子も、 私は〇〇語が全然できないけそ、 K ちゃんはできるじゃない?と声掛けすると、 「あ、そっか。できるか」と書き足していきます。   「わたしのできることブック」 「わたし、すごいでしょ」など 素敵な本のできあがり。 学校では、自慢することをためらうような子どもたちの関係性があるかもしれません。 とっても素敵なところを持っているのに、なかなか大きな声で、 「私はこれができるよ!!」って言うチャンス、なかなかないですよね。 家族のことも同様。 「私のママ、こんなに素敵なの!」 「僕のパパ、こんなことができるよ」など 自分も家族も友達も、みんなそれぞれの良さを認め合えるようになっていけるといいな。 今日はみんなのとびきりな笑顔と一緒に、 自分や家族のすごいところを紹介してもらえました。

2022 ツル取りボランティア

イメージ
NPO 法人エコ . エコ( https://eco-minuma.com/index.html )のみなさんと、 地球っ子グループのみんなで 見沼田んぼの保全事業として、ツル取りのボランティアをしてきました!   葛のツルをはじめとした植物のこと、 自然の中の生き物の生態系のこと、 そして、いろんな文化や言葉をもつメンバーが集まり日本語でのおしゃべり、 楽しさの中に、多くの学びがありました。   子どもたちにとっても、 「ここなら自分の本音が話せる」場になっているようです。   「日本語の勉強」ではなく、みんなで自然の中で集まって、安心して話せる場。 なんとなく隣り合わせになった人と話せる良さ。 子どもの成長も感じられるし、 オンラインでは伝わりにくいちょっとした表情や声の調子などもよくわかる。 やっぱり対面っていいですね!   子どもたちの中からも、「大人も楽しんでるね!」の声が。 大人が一生懸命になっている姿、楽しんでいる姿は、いいものですね。 大人も子どもも、みんなで一緒に楽しい時間を過ごせました。 エコエコのみなさん、ありがとうございました!

ツル取りボランティアの準備(ZOOM)

イメージ
始まる前にみんなでおしゃべり。 午前では 「カナヘビとトカゲは何が違うか」 「なぜ、このトカゲのしっぽは青く光っているのか」という 生き物博士のFくんからの質問に それぞれの予想を披露したり、 「ジセツ」「ジセツ」というので、 「ジセツ」とは何か質問をすると、 「しっぽを『自分で切る』ということだよ」と説明してくれたり、 大変、勉強になる時間でした。   また、自然界では黒と黄色は危険を表す色だとのこと。 確かに、スズメバチやクモも黄色と黒だね。 だから踏切もその色にしているのかな??などなど、 生き物が好きな子どもたちが多く、みんなよく知っていておしゃべりが止まりません。 好きなもの、好きなことにとことん情熱を注ぐ姿に感心しました。   午後でも近況を話し合い、 M ちゃんは最近引っ越して自分の部屋ができたこと、 Aちゃんはもうすぐ新しいおうちになること、 フランスではもうすぐ冬時間になること、 最近寒くて風邪を引いた話などもしました。   次回の 10 月 22 日は、天気が良ければ、お出かけです。 お出かけと言っても、ただのお出かけではありません。 見沼田んぼの保全のため、桜の木にからまった葛のツルをとるボランティアです。   去年、参加した子も、参加していない子もいるので、 まず「ツル」や「葛」について知っていこう!   みんな朝顔を育てた経験があるから、「ツル」についてはよく知っています。 それが葛のツルになるとどうなるか。 写真などをみながら、これは取らないとだめだ!と理解しました。   集合場所や集合時間、持ち物、服装など、お知らせを見ながら確認していきます。 「なんで左の子どもたちの絵に✕がしてあるか、わかる?」と聞くと おもしろい答えが。 「マスクをしていないのに、笑ったり、おしゃべりをしているから!」 などほど。それもあるかもしれないですね。 意図していたことは、 「虫や草木で傷つかないように、長袖長ズボンを履いてきてほしいこと」 イラストも効果的だけど、やり取りして確認するって大事ですね。 次回は久しぶりの対面のチャンス。 晴れるといいな。

教えて!みんなの「〇〇の秋」(ZOOM)

イメージ
秋ですね。 蒸し暑い日もまだありますが、夏は終わった様子。 子どもたちもよく観察していて、 虫の音が聞こえたり、「はぁー」ってしなくても窓がくもったりすることで 秋を感じているようです。   秋と言えば、食欲の秋、読書の秋、芸術の秋…いろいろあるけれど みんなにとって、「秋」といえばどんな秋かな。 グループに分かれ、秋の楽しみ、この秋に楽しみたいことをたくさん話しました。   最後に、この秋はどんな秋にしたいか、全体で発表してもらいました。 それぞれ、楽しみにしたいこと、やってみたいことが盛りだくさん。 パッと見て、すぐにわからない秋もあって、「それ、どういうこと?(笑)」など みんなでたくさん話をしました。 「おしゃべりの秋」もいいですね。 みなさま、よい秋を!

今日は十五夜!まるいものクイズを考えよう(ZOOM)

イメージ
まだまだ夏だと思っていたけれど、季節は少しずつ秋に変わってきているようです。 今日は中秋の名月。 そこで今日は、まるいものクイズを考えて、出し合います。   3 つのヒントを出します。 ①     甘いです。 ②     穴があいているものもあれば、あいていないものもあります。 ③     色はだいたい茶色が多いけど、ピンクや黒や白などもあります。   わかったら、紙に書いて、「せーの」で見せます。  「せーの!」 こんな風に、 3 つのヒントを考えて、クイズを出しますよ。 「ドーナツか…昨日の夜、食べたのになぜ思い出せなかった!」と悔しそうなTさん。   ブレイクアウトに分かれて、グループで問題を作ります。 まず丸いものは何があるか、何にしたら難しい問題になるか、 どういう順番でいったらだんだんわかるか、みんなで相談します。  全体に戻ったら、それぞれのグループごとにクイズを出してもらいます。 ①     大きくて、持ち上げられない。 ②     これがないと、私たちは生きられない。 ③     クルクル回る。 スペシャルヒント:このグループの名前は何でしょう。     ①     大きいものも、小さいものもある。 ②     数字が書いてある。 ③     物が買える。   答え合わせの時には、インドのコインやフランスのコインを見せてくれました。  それぞれいい問題が考えられました。 そして中国やベトナムでは、中秋の名月をどうやって過ごすか教えてくれました。  食べるものや、飾りつけなど、いろいろ教えてくれました。 ママが説明してくれるのを聞いて、F君が「初めて聞いた~」との感想。 自分の文化や友達の文化を知るいいチャンスにもなりました。 今日の夜、お月さまがきれいに見えるといいね。

おほしさまって、どんな味?(ZOOM)

イメージ
今日のテーマは「おほしさま」。 おほしさま、食べられるとしたらどんな味かな?どんな感じだったら嬉しい?   キャンディみたいに甘くて、カリカリしてる! さくさくしてる ふわふわかも レモンが好きだから、すっぱいといいな   今日は、子どもたちからもリクエストが上がっていた、 簡単なおやつ作りです。 事前に連絡し、用意してもらったものはこちら。   まずは牛乳パックを切り、型を作っていきます。 星の形にするには、何回折ればいいかな?辺がいくつ必要?   「星の型、できたよ!」 星ができたら、違う型も作っていこう。 丸や猫、さかな、ペルーの帽子、食パン、唇、きのこ、人…いろんな形ができました。 リボンを作りたい!と言うときに、 絵で書くように型をつくってしまうとバラバラになっちゃうから つなげて作るようにしないとだめだねと確認しながら、みんなで試行錯誤。   この型を使って、餃子の皮や食パンを型抜きしていきます。 できたら、オーブンやレンジで焼いていくよ。   餃子の皮は中が膨らみ、サクサクしたおやつに。 おやつの完成です!          そのままでもおいしい!と初参加のRちゃんもにっこり。 そこにチョコレートやはちみつ、コンデンスミルクを塗ったり チーズやハムをトッピングしたりして食べました。 みんなでたくさん作ったら、パーティーができるね! 餃子の皮も、食パンもない!という F 君。 バナナがある!ということなので、バナナを型抜き。 そしてママが、生春巻きの皮を持ってきてくれたので、生春巻きの皮でもトライ!   自分の家にあるもので挑戦できるのはオンラインのよさ。 それぞれのおうちの文化が反映されて、おもしろいですね。   最後に、星つながりで「みんなは何座?」という話をしました。 自分が何座か知らない人は、誕生日を教えてもらい、星座についておしゃべり。 星座のシンボルやラテン語の言い方から、今日の運勢や、星座の性格まで 話しが広がりました。 「みずがめ座」は「アクエリアス」っていうだって。 あのスポーツドリンクと同じ名前だ!ここから来たのかな? 「やぎ座」のラテン語「カプリコーン」って、なんだかおいしそう!というKさんに、 Aちゃんから「Kさんはなんでも食べ