投稿

知らないことを知るって楽しい(ZOOM)

イメージ
この日の午前中は、中国語を母語とする人だけの参加でした。 みんなでいろいろおしゃべりしていると、 H君が中国語で書かれた 星座の HP を見せてくれました。 H君は中国語で「双魚座」だそうで、 私たちは「え?ふたご座?魚座?どっち?」といいながら 自分の星座は中国語で何というのか教えてもらいました。   すると、中国語版の星座ランキングを見せてくれ、 「目がきれいな人のランキング」 「勉強がよくできるランキング」など紹介してくれました。 みんな自分が何位なのか知りたくて、 私の星座のこと、日本語で何て言ってるの?と質問攻め。 TさんはH君に「やさしい女の子ランキングはありませんか?」と質問。 なぜそれが知りたいのか…!とみんなで笑い、楽しい時間を過ごしました。   その後は、大人と子どもでグループに分かれ勉強の時間。 子どもたちは、星座の話から「彦星」や「夏の星座」など学んだり、 太陽系の惑星などを学んだり。   不思議なことがひとつあると、どんどん知りたくなっていきます。 太陽はどれぐらいの大きさなのかね。どのくらいの温度なのかな。 恐竜はなんで死んじゃったんだろう。雨はなんで降るんだろう。 まるで「宇宙不思議クラブ」の結成! これからも自分たちの謎に立ち向かっていくことでしょう😂 午後は初めて参加してくださる方が何人かいたので、 最後の全体の時間にみんなで自己紹介するために   グループの勉強の時間に、自己紹介の練習もしてもらいました。 長いこと参加してきている子ども達には、知っているつもりになっている友達に、 知りたいことを質問してみよう!という活動をしました。 日ごろから気になっていたこと、例えば、TちゃんはMちゃんに 「Mちゃんはどこのお絵描き教室に行っているんですか?」と質問。 「どうしてその質問をしたの?」と聞くと、 いつも絵が上手だなぁと思っていたからだそうです。   なかなか子ども同士でも、知っているようで、知らないことがいっぱいあるんだな、 コミュニケーションを取らないとわからないんだなと気が付きました。 知識だけではなく、友達のこと、自分のこと、 知らないことを知るって楽しいですね。   春原憲一郎先生のご著

おにぎりを作ろう~最高のおにぎりを食べる~(ZOOM)

イメージ
いよいよ、おにぎり作りの日です。 今までに、おにぎりを作ったことがある人に作り方を聞いて 作り方を確認しました。   そして、具を入れたい人には具を準備してもらったので、見せあいっこ。 定番の梅干しやふりかけ、ゴマ塩などもありましたが、 シソやみそ、とろろ昆布、それに… からあげ、ベトナムのエビ料理、とびっこ、サーモン、 鰹節にクリームチーズ、 トマト、バナナ、 魚の料理、大豆の肉、とうもろこし、枝豆、 スパイシーな人参、ミートボール…   なんとまぁ、珍しい具材がそろいました。   具材の確認のあとは、みんなで作り方を順番に確認しながら作っていきましたよ。 手やラップにご飯をのせると、子ども達から「あー、あたたかい」の声。 「あたたかい?あつい?どっち?」という声や、 「うわー!手にご飯がいっぱいついちゃった!」 空気を握って、三角に握る練習をし始める子どもなど、にぎやかでした。 おにぎりが握れたら、一度確認。 三角やきれいな丸など、食べたい形になったかな? のりを付ける人は、ここからのりを付けていくよ。 のりも♡の形や好きな形に切ってつけてもいいし、全体に巻いてもいいし、好きなように。 やったー!おにぎりの完成です! みんなで「いただきます!」 「自分で作ったんだから、絶対、おいしいはずでしょ」と、期待も高まります。 「最高!感触がめちゃくちゃいい!噛み応えがいい」などの食レポ顔負けの発言も。 おいしくできて、よかったねー!   一つ食べた後は、 勉強するグループとおにぎりを作り続けるグループとにわかれました。   作り続けるグループは、おにぎりに飽き足らず、 「のりを使っていろいろ作っちゃおうよ!」と海苔巻きに発展したり のりを切ってデコおにぎりにしたり おにぎり屋さんかお寿司屋さんかというぐらい、熱心に作り始めていました。       他の子の作ったおにぎりを味見することはできなかったけれど 黙食と言われている今、食べながらたくさん話ができたのはとてもよかったです。   「コロナがない世界だったら、どうなっていたんだろう?」という発言も子どもから出て、 「え、コロナの前のこと、忘れちゃったの?」と

おにぎりを作ろう~最高のおにぎりを考える~(ZOOM)

イメージ
対面であれば、公民館で実験や料理をやってきた私たち。 子ども達から「料理がしたい!」という声が前々からあがっていました。 ZOOM になって 1 年ちょっと。 そろそろ新たな挑戦をしてみよう!と、 ZOOM で料理に挑戦することに。   料理といっても、まずは、包丁や火を使わずにできるもの… ということで、「おにぎり」を作ることにしました!   今回は、どんなおにぎりを作るか考えます。   何も具材が入っていないおにぎりもあるけれど、 どんなおにぎりが食べてみたいか、 どんなおにぎりを作ってみたいか、理想のおにぎりをまずは考えました。   絵に描いて、それを一人ずつ発表してもらいました。 形も△や〇でないものもあったし、 それぞれのイチオシポイントも聞けました。   想像力が高まりすぎた子ども達。 他の人のおにぎりの紹介を聞いていたYちゃんからは 「いいにおいがするな~」という発言も。   次回、本当におにぎりを作るということを子どもたちに話し、 グループにわかれ 今度は夢のおにぎりではなく、本当に作れそうなおにぎりを考えてもらいました。   Fくんからは、「用意するものを分担しない?」という意見がありましたが オンラインだから、それぞれで用意しなくちゃいけないんだよね。 でも、こういった発言から子どもたちの成長がうかがえました。   最後に全体で、必要になる道具を発表してもらい、みんなで確認しました。 次回は、実際にオンラインでおにぎりを作ってみます。 どうなるか、どんなおにぎりが完成するか、今から楽しみです。

しおりを作ろう(ZOOM)

イメージ
一般的なしおりは、最初、本の上から見えるように差し込みますが 本を動かすとだんだん下の方に下がってしまって、しおりがどこにあるか すぐにわからないことがありますよね。   それを解消するしおりを今日はみんなで作ります。 必要な道具を前もって準備してもらいました。 まずはお気に入りの本を持ってきてもらいましたよ。 ドラえもんの漫画や、絵本、動物図鑑などなど   途中まで読んで、 ご飯を食べなくちゃいけなかったり、宿題をしなくちゃいけなかったりしたら どこまで読んだかわからなくなってしまうよね。 そういう時、みんな、どうしてる?   何にもしなくても、すぐに見つけられるという意見もありましたが ペンをはさんだり、 本を開いた状態で下向きに置いたり(本に悪い!という子どもからの発言も)、 しおりを使ったり。   完成品を見せて、このしおりだったら下に落ちないし 一発でどのページか探せます! と説明して、作り方を手元カメラで見せながら一緒に作っていきました。 基本のしおりができたら、あとは自分が好きなように絵を描いたり、耳を付けたり 飾りつけしていこう! グループに分かれて作っていきます。   グループのしおりづくり、勉強の時間が終わったら 全体でどんなしおりを作ったか発表です。              日曜日、友達にプレゼントであげる! ランドセルにつける!など、気に入った様子が伝わってきました。   グループの時間では、 カマキリの口の形やテントウムシの点の数を子どもたちが教えてくれたり (点々はバラバラに配置されているのであって、きれいに並んでいるのではない!とか) 他の折り紙作品の折り方をスタッフに、 「最初に」「次に」と上手に説明してくれたりしたようです。 インドのカンナダ語やタミル語で名前を教えてもらって、 しおりに書いたグループもありました。 お気に入りのしおりで、読書がもっと楽しめたり 友達とのコミュニケーションの一端になったりしたらいいですね。

成長の記録(ZOOM)

イメージ
新年度が始まり、最初の活動日です。 毎年恒例の「今の自分」を書き残す活動をしました。   まずは「できる」「できない」から。 頭の上に本をのせて…これ、できる? 「できる!」「できない!!」   じゃ、これは?できる?できない?          大人はほぼできない😂 子どもは「できる!」「できる!!」   できること、いっぱい。 できないことも、ちょっとあるよね。   小学校や中学校に入学したり、ひとつ学年が上がったり。 子どもたちは(もちろん大人たちも)みんな大きくなりました。   大きくなるって、どういうことだろうね? まずはそんな話からしてみました。   ちなみに、みんなから出た意見は… ★体が大きくなる ★宿題が増える。でも大変じゃない! ★ケンカが少なくなる ★ママのお手伝いができる ★ブレイブボードに乗れる ★ランドセルを使わなくなる なるほどね~。 このことも含め、みんなには次のテーマについて考えて書いてもらいました。 ①   大きくなるって、どういうこと? ②   最近、できるようになったことは何? ③   今、好きなこと、好きなものは何? ④   今はできないけど、できるようになりたいこと、がんばりたいことは何?   今好きなことで「かなへびをそだてること」と書いたFくん、Yちゃん。 実際にかなへびも見せてくれました。 かなへびを飼ってもいいと言ったママが偉い!と話題に。 にぎやかに発表していきました。 実は、このテーマでみんなに毎年書いてもらっています。 許可を得てから「一年前の〇〇ちゃんはこんなこと書いてたよ~」とみんなに発表すると みんな自分が何を書いたかすっかり忘れてしまっている様子。 内容はもちろん、 書く字がしっかりしてきたり、漢字を使い始めたり、絵が上手になったり そういったところにも成長が見られます。   みんなが一生懸命書いてくれた紙を写真にとって送ってください。 一年後にまた見てみようね。 みんなの成長が楽しみです。

桜の日に(ZOOM)

イメージ
今日、3 月 27 日は桜の日だそうです。 「桜、咲く」「咲く・さく・ 39 」「 3 × 9 = 27 」「27日」!   お天気も良く、桜が満開のこの日、私たちもお花見がしたかったけれど ここは我慢してオンラインで。 春夏秋冬、どの季節が一番好きかをみんなに聞きましたが、 意外にも「冬」の人気が高いことにびっくり! でもそれぞれちゃんとした理由があって、興味深かったです。 午前中は、お花見ができない代わりに桜の木の一年を学びました。 当たり前だけど、桜の木は、桜が咲いているときだけではないのです。 春夏秋冬、日々刻々と変化している桜から、 自身へと振り返り、 新年度に向け自分のやりたいこと、将来の夢、好きなことは何かを考えました。 楽しくも、人生を考えるようないい時間でした。   午後はグループに分かれ勉強した後に、何をしたか発表の時間。 子どもグループからは、みんなで描いた桜の花を見せてもらいました。 満開の桜。ここでもお花見の気分を味わえました。 生年月日から漢字の勉強をしたグループからは、クイズ。 この誕生日は誰の誕生日でしょうか? みんなすぐにわかって挙手!   オンラインでもお花見の時のように盛り上がり、楽しめました。   もうすぐ新年度が始まりますね。 小学 1 年生になる子、中学 1 年生になる子、社会人になる人、 そして進級し新たな年度を迎えるみんなが、素敵なスタートが切れますように!

お手紙を書こう!(ZOOM)

イメージ
3 月です。 少しずつ暖かくなって、春が近づいてきています。 来月になったら、 1 年生になったり、学年が上がったり、 子どもたちも環境が変わります。   今日は、幼稚園や小学校の先生やお友達、パパママ、兄弟、 自分の気持ちを伝えたい相手にお手紙を書きましょう。   お手紙を書くのに、簡単だけどかわいいカードを一緒に作ります。 カードを開くと、絵や文字が飛び出る立体的なカードです。 まずは基本的な作り方を説明します。   この作り方でもいいし、 これを発展させたカードにしてもいいし、 各自、自由にカードを作ることにしました。 最後は全体でどんなでカードができたか発表しました。 素敵なカードができました! 🌸違う小学校になってしまう幼稚園のお友達に書いた手紙 🌸いつもありがとう!とママへの感謝を伝えた手紙 🌸仲良し三姉妹に久しぶりに会えてうれしい気持ちを伝えた手紙   子どもたちにベンガル語の名前の書き方を教えてもらって、それを添えています。 🌸医療従事者への感謝を伝えた手紙 🌸悲しい(けれど感動した)映画を作ってくれてありがとう!と 鬼滅の刃の作者に書いた手紙…などなど            それぞれの思いが込められた手紙が完成! もらった相手はきっと嬉しいね。   そして何といっても最近妹が生まれた D 君のお手紙は感動的でした! 「〇〇ちゃん、この世界に生まれて、ありがとうございます。 D より」 D 君が生まれた時も、パパやママ、みんなが同じ 気持ちだったんだよ。 日ごろ思っていることや感じていることを言葉で表現する機会は 大人でもなかなかありません。 自分の気持ちと向き合って、それをどう表現するか、あたたかく、穏やかな時間でした。